3月の武雄文子展には出にくいおりながら、

沢山の方に御来廊いただきありがとうございました。


4月は立体と絵画の三人展を開催いたします。

今村直美は、フェルトに刺繍を施し、杉の木と共に生命を感じさせるダイナミックな

作品で今までにないギャラリー空間を見せてくれます。

林宣子は洋紙と発砲スチロールを使い柔らかな繭を思わせる立体作品を、

峰本克子は立体作品と調和するような幻想的な色合いでそれぞれの作品を包み込みます。

今回は二階にも展示しています。


三人の作品がどのように響鳴し合っているか、見に来ていただけたら、幸いです。